管釣り入門

旅鱒動画

管理釣り場って?

その名の通り【管理された釣り場】になります。※エリアフィールドとも言います。

人工的に作った池や川の一区間を区切ったフィールドに魚を放流させ、釣りを楽しむ施設になります。

対象魚はニジマス、ヤマメ、イワナ等のトラウト類となり低い水温を好む魚種になるので基本的には山間部の避暑地にて運営されていることが多いですが、近年は疑似餌(ルアー)を用いた釣り方に人気が集まっており、山間部でけでなく様々な場所で運営されています。

また、トラウト類は基本的に食べることができますので、施設内でバーベキューを楽しんだり、持ち帰って夕飯のおかずにしたりできます。※各施設ルールがありますので当サイトで確認ください。

ざっくり言えば【トラウト類をルアーで釣る事が出来る施設】を一般的に管釣り(エリアフィールド)と呼びます。※当サイトでの定義です。

どんな釣り??

管釣りで使用する道具は主に

  • ロッド(竿)
  • リール
  • ルアー(疑似餌)

これらを準備したものをタックルと呼びます。

管釣りで使用するタックルにも種類があり

  • ルアー釣り(金属、プラスチック製の疑似餌を利用した一般的なスタイル)
  • フライ釣り(毛バリと呼ばれる子虫に似せた針を専用タックルで使用するスタイル)

当サイトでは初心者向けの内容でご紹介しますので基本的にルアー釣りのご紹介をします。

ハウツー動画

準備中

 

更新日:

Copyright© 旅鱒ブログ~全国管釣り巡りの旅~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.